本文へ移動

2024年度

【イベント出展】青少年のための科学の祭典2024 千葉大会                                       (千葉市科学館)

2024-06-09
     千葉市科学館の入っている複合施設”きぼ~る”


毎年6月上旬に千葉市科学館で開催される

"青少年のための科学の祭典 千葉大会"。

今年は6月8~9日に開催され、こちらの千葉大会への

サイエンスキャラバン出展は今回が節目の10回目でした。

リコーのブースは、これまで複合ビル"きぼーる"1階の

アトリウム内でしたが、今年度は場所を変更し

7階の千葉市科学館の入口すぐのサイエンス広場。

8階に続く階段の下で歪な形でしたが、注目される場所で当日を迎えました。

    笑顔を見せてくれ、スタッフもホッと一安心・・・


初日の8日(土)の午前中は入場者もまばら・・・

あとから聞いた話だと、近隣小中学校の授業参観や

行事の日と重なってしまったとか・・・


最初の参加者は女の子とそのお父さんの2人。
小学校低学年でしょうか、女の子はいやいやながら

参加した様子でしたが、お父さんが360度カメラ

"RICOH THETA"に興味を持ってくれたようです。

その後、参加者も増えはじめ、他のイベント会場と同様に子どもたちやその保護者の方々に360度カメラの仕組みを
紹介し、皆さまに楽しんでいただきました。
リコージャパン千葉支社と”地方創生に係る地域連携協定”を締結している千葉商科大学様からボランティアとして参加した2名の学生もお土産の缶バッジ作成や子どもたちとの交流を楽しんでいたようです。
  360度カメラというフレーズにお父さんも興味津々??
      不思議な360度写真にニンマリ。
  お土産用の缶バッジを作成する千葉商科大学の学生
カメラオブ・スキュラの使い方を教えている千葉商科大学の学生
今回は待ち時間に、リコーグループの活動に興味を持ってもらおうと”沖縄やんばるの森林保全活動”の動画を視聴していただきました。
反応はそれぞれでしたが、興味深く見てくれる子どもや保護者の方々もいらっしゃったので今後もサイエンスキャラバンの活動だけでなく、
リコーグループの取り組んでいる活動について簡単にわかる動画などを紹介していきたいと考えています。
 パーテーションにQRコードを貼付し,手持ちのスマホでも      360度イメージ体験ができるようにしました!


またこのプログラムに参加しない方々にも、自分のスマホで360度イメージ体験できるように世界の名所の写真に紐づいたQRコードをおパーテーションに貼付し紹介しました。
これが好評で、他のブース関係者や科学館の職員も自分のスマホで体験していて、驚きとも感動ともとれる表情をしていました。
それを見てキャラバン隊も思わずニンマリ。
2日目の9日は、日曜日ということもあり、たくさんの子どもたちが来場してくれました。
その中でこんな出来事か…
参加した子どもたちには、終わった後にアンケートをお願いしていますが、ある6年生の女の子が、「私はリコーの活動に興味があり、将来はリコーに入社したい」とうれしいコメントを残してくれたのです。
お世辞だとしても、このようなコメントは社員にとってうれしいものです。
これからもこの活動をがんばろうと思えた出来事でした。
活動結果
  昨年度より多くの子どもたちが参加してくれました!
【参加者数】
 6月8日:29名
 6月9日:39名
   合計:68名

68名の子どもたちとその保護者の方々に楽しくカメラの仕組みを学び、360度カメラの体験をしていただきました。

リコー・サイエンスキャラバンはこれからも
リコーグループのリソース(製品・技術・人材)を
利活用し、科学の楽しさを伝え続けていきます。
運営スタッフ
6月8日の運営スタッフ(RG社員と千葉商科大学の学生さん2名)
6月9日の運営スタッフ(RG社員と千葉商科大学の学生さん2名)
TOPへ戻る